自宅で宅建業を開業するには?

自宅事務所は原則として認められていません。
しかし、自宅の戸建てやマンションを不動産業の事務所とすることが絶対に出来ないというわけではなく、例外的に下記の要件を証明できるのならば、自宅を事務所としての免許取得が認められる可能性は高いです。
 

部屋が事務所としての機能を備えており、事務所としてのみ利用すること

事務所として利用する部屋に、専用の出入口があること

玄関から他の部屋を通らずに、事務所として利用する部屋へ入ることができること

他の部屋とは壁で区切られており、独立性が保たれていること

 
自宅開業での免許の申請にあたっては、通常より多めの写真を添付したり、間取り図などを用意して、事務所としての要件を満たすことを書面から判断できるようにしなければなりません。
 
自宅を事務所として利用する場合、部屋には、日用品は置かないようにして、パソコン、FAX、プリンター、書類棚、電話機などを設置します。
また、電話機は既に自宅で利用している番号とは異なる不動産業専用の回線を引くことが求められています。

いつでもお気軽にお問い合わせください!

メールでの問い合わせ

下記のリンクよりお問い合わせフォームを埋めて、送信ボタンを押してください。
担当者より必ず6時間以内にご返信いたします。

お電話での問い合わせ

今すぐ電話機を取って、下記の番号にダイアルしてください。
24時間いつでもお電話可能です。


to-contact