個人事業主と会社(法人)はどっちがお得?

事業を始めるにおいて、個人事業として行うか会社を設立して行うかという選択に、まずは打ち当たると思います。
 

個人事業主のメリット

個人事業は当然、設立費用を必要としませんが、更に下記のメリットがあります。
 
*資本金、定款を必要とせず始められる(簡単に始められる)
*簡便で柔軟に運営することができる
*利益が出ない限り税金はかからない
*交際費を全額経費にできる
*社会保険負担が低額で済む
*確定申告を自分で行うことができる
   

会社(法人)のメリット

会社設立は約25万円の費用で会社を設立することができ、下記のメリットがあります。
 
*法人のため、社会的信用度が高い
*出資の範囲での有限責任であるため、リスクが少ない
*銀行以外にも株式の増資により資金調達ができる(金融機関からの融資を受けやすくもある)
*給与所得控除という制度を利用できるため、個人事業主に比べて税金を安くすることが可能
*欠損金(赤字)の繰越控除期間が長い(9年)
*社会保険などが充実しているため優秀な人材を雇用しやすい
   

これらのメリットがある一方、 
個人事業は利益が出るほど税金が高くなる、将来受給できる年金額が少ない等のデメリットがあり、 
会社設立は設立時に費用がかかる事や役員報酬額や給料額に応じた保険料を負担しなければならない等のデメリットがあります。
 
どちらを選択してもメリット・デメリットは付き物です。
  
節税対策をしっかりと行いたいか、社会保険を必要とするか、等の自分の希望をチェックした上で選択をすることが良いでしょう。

いつでもお気軽にお問い合わせください!

メールでの問い合わせ

下記のリンクよりお問い合わせフォームを埋めて、送信ボタンを押してください。
担当者より必ず6時間以内にご返信いたします。

お電話での問い合わせ

今すぐ電話機を取って、下記の番号にダイアルしてください。
24時間いつでもお電話可能です。


to-contact